Sunday, December 10, 2006

銀座へGo


忘年会シーズンです。
この時期は、部長なんかに拉致される確立も高くなります。

客との忘年会に疲れると、知った顔で飲みたいみたいです。
その気持ちも分かりますが、拉致されると終電なんか当然乗らせてもらえません。

7時スタートで、4軒が普通。この日は金曜日なので5軒も覚悟して挑みます。3軒で帰れたらいいなぁ。

・1軒目→鮨
いつも1軒目が一番好きです。この辺のメシは鮨に限らずうまいですからねぇ。うん。
よく言えばお年を召している、平たく言うとオジイなんかがお客様としては多いので握りのご飯も小さめ、ネタも当然美味しいということで、数も回転しちゃうヤツの2倍はいけます。
まあ、この後持久戦が待っているので、この鮨がご褒美みたいなものです。ゴチでーす。

・2軒目→飲み屋
世の中的にはクラブとか言うのかな?キャバではないことは確か。
ここからが持久戦の始まりです。酒はウマイですが、セレブなおねぇさまたちがたくさんいてもなーんも楽しくない。若い子もいますが、それでもあんまり楽しくない。
ブチョーは非常に楽しそうです。会社では見ることの無い笑顔を振りまいています。
ということで、女の子をブチョーに任せて、飲みに走ります。
マッカラン25年。この店でいくらすんの?ってのも頭をよぎりますが、そんなん考えていても仕方ないので、いただきます。ボトルの半分ぐらいは僕がいただきました。
伝票を確認したところ、チャージ3人分とボトルで・・・・・・ゲイルスピード前後買えるじゃん。ハハハハハ
ゴチソウサマ。

・3軒目→ワインバー
もうすでに1時回ってます。眠くなってきました。
でも返してはもらえないので、ワインをいただきます。
値段は知りませんがヒジョーにウマイワインが出てきたので遠慮せずにいただきます。

ここで、2軒目の女の子が一人登場。アフターってヤツですね。
この方が3軒目にくるのを知らなかった僕は、この方が女神に見えました。というのも、この方にブチョーをお願いして帰っちゃうなんていう技を使うことが出来るからです。

目論見どおり、3軒目のあと、金曜で人気も多い電通通りでタクを拾い、そーっと帰らせていただきました。ブチョーゴチソウサマー

2 comments:

sugita said...

ヌルヌル連れてってもらえば?

shun_ninja said...

そういう話も当然出るんだけど、デブチョーの場合ヌルヌルは一人で行く派なんだってさ。残念。

週末の昼間に行く派とも言っていたので、そんな時間には付き合ってらんないです。