Tuesday, March 20, 2007

Cable Car

何とか初週末。
僕が来てからは天気もソコソコ良かったけど、この日曜は特に気持ちイイ天気。
今までの、Tシャツで過ごす暖かさは無かったけれど、雲ひとつ無いカリフォルニアの青い空が広がっている。さすが西海岸。すべてが適当で最高。
ボーっとしていてももったいないのと、洗濯やら買出しを前日に済ましてあったので昼ご飯を食べるついでに出かけることに。

マーケットSt.を、何を食おうかウロウロしていると、マーケットとパウエルのところでチケット売り場を発見。
後ろを見ると上の写真のように、ケーブルカーの発着所になっていて、観光客がたくさんいるし、この光景みたらそりゃ乗るでしょ。

このケーブルカー、昔は3ドルぐらいだったはずなのに、5ドルに値上げしてるし、5ドルという値段にちょっとやる気をなくしかけたけど、同じチケット売り場でミュニ(市営みたいなもんかな)が運営するバス、地下鉄、路面電車、そしてこのケーブルカーと、ミュニのすべての乗り物に乗り放題というパスポートが11ドルというのを発見&思い出して、そいつを購入。

バスが1回1ドル50セントなので、他もウロウロしたら元が取れそうだしね。

ココがマーケット&パウエル側の終点の光景で、ボブ・サップみたいなオッサンが人力ターンテーブルをいとも簡単に回してしまっている。
このオッサンが、『ハーイ!順番に乗ってねー』という係りもかねているので誰もワガママ言いうことなく、人事担当者はセンスあると思う。ハハハハ
出発すると、サンフランシスコ名物の坂を写真みたいにガンガン登ります。写真は進行方向と逆向きに撮影。

路線はカリフォルニアSt.を通る路線と、パウエルSt.を通って先で2つに別れる路線との大きく分けて2路線。

今回乗ったパウエルSt.を通る路線の方が、映画やらドラマやらに多く登場していて、サンフランシスコらしい光景の中を走り抜けていくので、人気の路線だと思う。

カリフォルニアSt.の方の路線は同じ時間帯でもそんなに混んでいなかったし。

普通、電車もバスも座るほうが人気なのはアメリカも同じなのだが、このケーブルカーだけは違いる。
外に立ったりするのが人気で、この快晴で外に立っていると120%楽しめてしまうので、5ドル払っても納得の値段かも。

最後の写真は、ノースポイント側の坂を折り始めた当たりで、この坂を下りきると終点に到着。
海に浮かぶ島が、アルカトラズ。

刑務所に使われていた次期があって、刑務所の次が国(だったと思う)の観光地に認定されていて、刑務所の建物が残っている。

The Rock なんかの映画の舞台になった刑務所で、アン・タッチャブルで有名なアル・カポネも投獄されていたらしい。

この島へ渡るのは、ピア 39 だったか 41 からフェリーに乗らなければいけないので、ここの観光は次回にするとして、ノースポイントで昼飯を食べることに。

こうして書いてみると、ほんとに仕事しに来ているのか?と思うどころか、言うヒトもがいるので念のために書きます。念のために。
"ハタライテマス"平日はね・・・・・・

2 comments:

sugita said...

働いている姿が想像できない

shun_ninja said...

そう?ちゃんと働いているよ。
ジョージアのCMのキムタクと渡哲也よりは働いている。