Monday, April 23, 2007

フレームを作る

日曜の朝8時から、車のチューニング番組を2時間もやっている。
土曜の朝9時からもやっている。

そんな朝から、オッサンは車のフレームを作っていた。
たいそうな設備はほとんど使わず、基本は水平器と高速カッター。材料はサイズの違う角材とガセット用の鉄板のみ。

最後にレーザー計測器を使ってはいたけど、あくまで確認用で、それを元に修正なんていうのはしない。
このオッサン、純正フレームで改造していくときでも、フレームに入らないものがあると、フレーム側をバンバンカットして逃げを作って再溶接。

他のオッサンでも、シェビーのトラックを触る時に、お気に入りの車高のまま入れたいタイヤを入れようとすると、ベット(荷台)に当たって入らないもんだからベットにタイヤの逃げを空けてしまっていた。
もうトラックの形をしてるだけで、荷物は積めない。
そのおっさんたちが使っているエンジンも、こんな感じで80%~100%ぐらい社外パーツ。
削りだしのヘッドに、鋳鉄ブロック。

60年代の形をしたエンジンで600馬力とか言っている。

この、フレームを作ってしまうおっさんは、見た目はノーマルがお気に入りらしく、マフラーもサイレンサーから後ろの見える部分をわざわざ取り付けていた。

実際に排気しているのは運転席の下の見えない部分で、触媒とかサイレンサーなんていうオシャレなものはなく、パワーが出るからと理由で、やっぱり直管。

そういや、バークレーの古本屋にいったら、サービスマニュアルや、バルタイとかのチューニングマニュアル(どっちも60,70年代当時モノ)なんかも置いてあった。

日本のマニアに見せたらウン万ぐらいで買ってくれそうなやつが、$2ぐらい。
どれが価値があるのかイマイチ分からなかったので購入はしていないけど。

3 comments:

すや said...

自分ぜったい仕事してないやろ

shun_ninja said...

いやいや、めちゃしてまっせ。

コレは週末の話。
楽しい話は、仕事が終わった後と、週末。

昼間はメシ食う暇も無いぐらい、めちゃ仕事しとる。

やっぱ、週末は楽しまないとね。ヤ○イのアニキを見習って。

hakkai said...

あの御方は週末「も」やろ。(笑)